記事の詳細


白井田七は通風や更年期障害によく効くという評判をよく聞きます。

 

人生40歳を過ぎると体のあちこちに違和感が出てくるものです。

 

そんな時、まだ体力がある人は自力回復、自己回復できるのでよいのでしょうが、年齢と共に体力が低下している人はそのまま昔の若いときと同じように寝れば治るとか、すぐに回復するということはないことを実感しているのではないでしょうか。

 

通風や更年期障害も40代から、早ければ30代前半から通風になる人、更年期障害を感じる人も要るということです。

 

白井田七の効果

田七人参に含まれるサポニンと言う物質が年齢で低下している体の諸症状を緩和してくれます。

 

すべての人で花井ですが,多くの人が白井田七を飲んで改善の効果を感じています。

 

その中には多くの方が気にしている尿酸値が低下する働きもあったりします。

 

また、更年期でのいらいらや、気の沈みなどの症状も改善されると言う体験談も多くあります。

 

田七人参の働きによって万能薬ではありませんが、特に高尿酸値が低下することによる通風症状の緩和。

 

更年期障害の緩和には定評があり、多くの口コミでも特にこの二つは評判がよいです。

 

白井田七は年寄りが飲むものと思っている方がいるようですが、年齢に関係なく、尿酸値が高ければその値が低下したり、いらいらや気の浮き沈みなど年齢の若い人でも飲んでみることをおすすめします。

 

本品前にお試しセットで体験

よさそうだと言うことで本品を購入して継続的に白井田七を飲むことはとてもよいことだと思います。

 

金銭的に問題なければ本品の継続購入して続けて白井田七を飲むことが出来れば一番よいですが、口コミではいいと評判がよくても自分に合うかどうか不安です。

 

そう思う方もいらっしゃいます。

 

そこで、白井田七ではお試しセットを格安で販売しているので利用してみることをおすすめします。

 

実際に白井田七を飲んでみれば自分に合うかどうかわかると思います。

 

4粒入り1袋が6つ入った白井田七のお試しセットが980円でのめるのですから安いものです。

 

↓↓↓


 

 

尿酸値が高いけど通風症状の出ていない方も、足の指や手の指の関節に痛みを感じている方も、更年期障害による症状を感じている方は980円を自分の体のために使ってみませんか?

 

初回限定ではあるものの、めったにない機会なので利用してみてください。

 

 

白井田七の感想

実際に、白井田七を飲んでみた感想をご紹介します。

 

最初にお試しセットが980円でしたのでこちらを頼んで見ました。

 

わたしの場合、ポイントサイトを利用して購入したので980円ではなく実質480円で購入したことになります。

DSC_0003 (8)

白井田七4粒入りの袋が増量中ということで全部で6袋ありました。

 

中身は4粒入っています。栄養成分表示を見てみると4粒で1グラムですね。

 

その中には田七サポニンが0.09グラムと記載があります。

 

この田七サポニンが通風に効果があるのですね。

 

期待して飲んでみます。

IMG_28091

IMG_28101

原材料を見てみると、有機田七人参、有機玄米のみです。これだけですから。

 

袋の裏側には飲み方が記載してあり、

 

体調に合わせて1日4~8粒を目安に水または,お湯で召し上がってください。とあります。

 

基本的に薬ではないので、食前食後は関係ないですね。

 

漢方なので、においは草っぽい感じの乾いたにおいがします。

 

味は一気に飲んでしまうので特に口の中に残ることはないです。

 

ただ、8粒となると一気に飲むのは難しいと思うので数回に分けて飲むとよいですね。

 

ポイントサイトを利用して480円では上手な買い物だと思います。

 

なんとなく、痛みが気にならなくなった??そんな気もしました。

 

 

痛風と尿酸値について

痛風と言えば高尿酸値ですが、尿酸値が高いからといってすぐに痛風と言うわけではないようです。

 

高尿酸値の状態が続くと痛風になります。つまり、予備軍的なものですね。

 

尿酸値が高い状態が続くとやがて尿酸が体内にどんどん蓄積されます。これが尿酸が高い状態です。

 

では、「尿酸」とはどのようなものなのでしょう。

 

尿酸とは新陳代謝で発生する老廃物とか、体内で消費されるエネルギーのカスなど呼ばれることがあるようです。どちらにしても老廃物や燃えかすなので、体内にあってもよくなさそうです。

 

もともとは私たちの体を維持するための重要な役割をしていたものですが、最終的には要らない物なので、尿と一緒に体外排出されるものなのです。

 

つまり、体内で作られて、体外へ排出されるのが尿酸です。このバランスが適度な状態であればまったく問題ないことなのです。

 

しかし、食生活や生活習慣によってやがてこのバランスが崩れてしまうとどうでしょう。

 

つまりは高尿酸状態ですね。体内で作られる尿酸の量が体外へ排出する量を上回った時。少しずつ尿酸が体内にたまっていきます。

 

この尿酸値の値が 7.0mg/dl ということです。

 

今これを読んでいるあなたは健康診断でこの値を超えているのではないでしょうか。この値は血液中に尿酸が溶け込める限界の値とされています。

 

この値を超えてしまうと、血液の中にはもう溶け込めないので、体のあちこちに貯まり始めます。そして結晶化したらその後、痛みを伴い痛風と呼ばれるようになっていくわけです。

 

尿酸値が 7.0mg/dl を超えた状態が続くと、健康診断で毎年のように尿酸値が高いと言われながらも何もしないで暴飲暴食、偏った食生活、生活習慣の改善をしない。。。を放置してしまうとやがて結晶化した尿酸が痛風発作を引き起こすわけです。

 

尿酸値が高いとは本来腎臓から尿として排出されていたものが排出しても追いつかない状態なので、腎臓にも負担がかかっているわけです。他にもけちゅうに溶け込んだ尿酸が限界を超えてしまうと、血中は尿酸だらけになり、やがては体内全部が尿酸だらけとなるのはお分かりいただけるでしょう。

 

尿酸値が高いとは痛風だけではなくほかの病気も引き起こす可能性が十分にあるので食生活を改善したり、生活主観を見直したりして尿酸値を下げるよう何かしら体の負担を和らげることをする必要があるわけですね。

 

⇒ 痛風緩和に白井田七お試し980円

 

 

 

痛風といえば足の親指?

痛風の症状として足の親指の付け根関節が赤くはれて痛みを感じたら痛風かも?

 

痛みといっても強烈な痛みを伴うので歩くことや動かすことも困難になるほど痛くなるのが痛風です。

 

痛風のほとんどの方はこの足の親指の付け根の関節が痛くなるそうです。

 

脚の親指の関節は尿酸の結晶が溜まりやすい様です。末端なので血流も他の部分より悪くる事もその要因の一つなのかもしれません。

 

足は常に使う場所なので、溜まった尿酸結晶がはがれやすいのでしょう。

 

痛風が発症したら靴下さえ圧迫感を感じるくらい痛みが激しくなります。靴下でさえも嫌になるのですから靴など履けるわけがありません。

 

そんな痛みは数日でピタッとなくなってしまうのでそのまま放置する人が多いそうです。

 

「2~3日我慢すればすぐに痛みは消える」くらいの感覚なのでしょう。

 

痛みは消えても治ったわけではないのでまた、いつ痛くなるかわかりません。

 

なので、そんなことを考えて生活するよりも何かしら対処して改善する必要があります。

 

脚の親指以外ではかかと、足の甲、手首、肘なども痛風症状が出やすい場所なんだそうです。

 

 

 

白井田七お試しセットが半額!?

白井田七お試しセット980円でも十分に安い値段ではありますが、実質半額以下で購入できる方法があるのでご紹介します。

 

その方法はポイントサイトを利用する方法です。

 

ポイントサイトを利用して白井田七のお試しセットを購入するとポイントサイトから500円相当のポイントが還元されるので実質半額になるわけです。

 

ポイントサイトのポイントは電子マネーなどに交換できるので、Tポイント、ワオンなどで利用できます。

 

わたしが利用したポイントサイトはハピタスと言うポイントサイトでポイント還元が500円相当でした。

 

2014y12m24d_225016375

 

ですが、ハピタスでは白井田七のお試しセットの案件がもうないので、違うポイントサイトをご紹介します。

 

■ モッピー

2014y12m25d_012608562

モッピーでは430円相当のポイントが還元されるので、実質負担額は550円でお試しセットが購入可能です。

 

■ ドリプラ

2014y12m25d_012834921

ドリプラでは500円分のポイントがもらえるので、実質480円ですね。

 

■ ポイントインカム

2014y12m25d_013053046

ポイントインカムでは588円相当の還元率なので、実質負担は400円ほどです。

 

こんな感じでポイントサイトを利用すれば白井田七お試しセットが半額でも購入することが出来るのです。

 

500円程度ならば利用してもよいのではないでしょうか。

 

 

【公式サイト】


関連記事

えっ~! 私ってすっごい損してた!!

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ページ上部へ戻る