記事の詳細


スマホやPCでサクッと見れると話題の楽天マガジンを使ったみて感じたことをご紹介します。読み放題といってもそんなにたくさんの本なんて読まないよね。。と思っていましたが、使ってみると案外いいかも。。

 

楽天マガジンについて簡単にご紹介すると380円(税抜き)で200冊以上の雑誌を見ることができるという優れものです。同ジャンルにドコモのdマガジンがあります。月々の定額料金で200冊以上の本が読めるというものです。

 

200冊以上の書籍は今のところ11のカテゴリーに分けられているのでその中から好きな雑誌を読むことができます。

 

女性ファッション・ビューティー

女性ライフスタイル

男性ファッション

男性ライフスタイル

グルメ・トラベル

スポーツ・アウトドア

ITガジェット

ビジネス・経済

ニュース・週刊誌

家事・インテリア

趣味・娯楽

 

31日間0円

楽現マガジンはお試し期間があります。私も最初はこのお試し期間から入りました。最初の1か月は手数料無料ですべての雑誌を見ることができます。1か月分の料金が無料というわけです。

 

1か月あれば楽天マガジンがどんな使い勝手なのかわかると思います。また、どんな雑誌を見ることができるのかがわかると思います。そのまま続けてもいいし、解約しても問題ありません。楽天アカウントがあれば簡単に登録することができます。

 

1つのアカウントで5台まで使える

楽天マガジンのいいところの一つがこの1アカウント5台まで可能だというところです。こういったものって1台だけ登録というのが一般的ですが、楽天マガジンの場合はそうではありません。スマホ、PC、タブレットと5台の端末まで登録することが可能なのです。

 

なので、通勤中はスマホで雑誌を見ることも当然できますが、家に帰ったらパソコンで見ることも可能なんです。そういった使い方で合計5台の端末まで登録することができます。これだけあれば足りないことはないでしょう。

 

なので、皆さん家族でシェアして使っているようです。1つのアカウントで家族のスマホを登録してみたい雑誌を見る。。そんな使い方が多い様です。

 

ただし、5台の端末で使えるとは言うものの、実は各端末は別物なんです。各端末に引き継がれるものとしてはお気に入りくらいでしょう。一度お気に入りに登録したものはどの端末から見てもお気に入りとして取り扱うことができます。アカウントに紐づいているからです。

 

ですが、楽天マガジンはダウンロードした雑誌を読むことができます。つまり、ダウンロードした端末のみ見ることができるわけです。

 

例えば、スマホAとスマホBがあった場合、スマホAで週刊TokyoWalker(12月号)をダウンロードして読みましたが、スマホBではダウンロードしていないので見ることができません。スマホBで週刊TokyoWalker(12月号)を観るためにはスマホBで雑誌情報をダウンロードする必要があります。

 

なので、スマホAで100冊分の雑誌をダウンロードした場合、その雑誌の情報はスマホAにしかないということになります。また、楽天マガジンはパソコンでも見ることができます。ですが、パソコンで見る場合はスマホと違ってアプリを使いません。パソコンで見る場合は都度雑誌情報をダウンロードしてみることになります。

 

雑誌情報は1冊あたり大小ありますが、100MB程度以上とかなり大きいです。大きいものでは200MB以上あります。10冊分ダウンロードすると1GB~2GB程度になります。これは端末の保存容量も圧迫するし、スマホの通信量にも影響があります。

 

例えば楽天モバイルの3.1GBプランを利用していた場合、月間の有効データ使用料は3.1GBです。超えても問題ないですが、通信速度が遅くなります。この状況で楽天マガジンを10冊程度ダウンロードすると1GB~2GB消費してしまいます。同様にスマホ本体の空き容量も少なくなるということです。

 

不要な雑誌は削除することができるので問題ないですが、バックナンバーなど取っておきたいものもありますよね。そういったお気に入りの雑誌が多くなるとあなたの持っているスマホの保存先にも注意をする必要があるということです。

 

楽天マガジンはwifiを使ってSDカードに保存

楽天マガジンの一番良い使い方はフリーwifiなど通信量に影響のないものを使い、保存先をSDカードにすることでしょう。フリーwifiと言いましたが、自宅のネット通信も制限がある場合もあるのであえてフリーwifiにしました。

 

自宅ではGMOとくとくBBのWiMAX(ワイマックス)を使っています。月間の使用量無制限なのでとても便利ですが、3日間の使用制限があって3日間で10GBを使うとペナルティーを3日間受けます。通信速度が1M以下とかなり遅くなります。

 

なので、自宅のネット環境にもよりますが、好き放題楽天マガジンをダウンロードすることができません。そういった制限がない光とカ使っている人は自宅のwifiをガンガン使ってマガジンをダウンロードすればオフラインで見ることができます。雑誌1冊分のコンテンツなのでダウンロードには時間がそれなりにかかりますし、遅いです。

 

そうでない人は、イオンとか駅とかセブンイレブンなどにあるwifiを利用してダウンロードするとあなたの通信量を減らさずに雑誌をダウンロードすることができます。フリーのwifiなのでセキュリティ面も考慮する必要がありますのでつかいかたにはご注意ください。

 

ということで楽天マガジンは200冊以上の雑誌を格安の料金で見ることができますが、雑誌情報のダウンロードがポイントとなります。ここを理解していないと急にネット通信が遅くなったり、写真をとっても保存できなくなったりすることがあるかもしれません。

 

なので、wifiを利用してSDカードにダウンロード。読み終わった要らない雑誌は削除しておくのが良い使い方でしょう。

 

 

 

■楽天マガジンの「設定」からダウンロード設定、雑誌の保存先を変更することができます。ちなみにSDカードの保存先は

android ⇒ data ⇒ jp.co.rakuten.magazine ⇒ files ⇒ zave の中にダウンロードした雑誌情報があります。なので、このファイル情報を田の端末と共有すればダウンロードしないでも雑誌を見ることが出来そうです。今度調べてみますね。。

 

 

 

 

 

年額プランにするとさらに格安で利用できる

楽天マガジンのプランは月額プラント年額プランの2種類あります。毎月支払いの月額プランでは税抜き380円となります。つまり1年利用すると4560円となりますが、年額プランにすると960円もお得になります。

 

年額プランの場合税抜き3600円で済むんです。1か月300円程度で多くの雑誌を見ることができるので余裕があれば間違いなく年額プランのほうがお得です。しかも楽天ポイントでの支払いもできるので何かと便利な楽天マガジンです。

 

コンテンツは読み放題専用

年額プランの場合月300円程度で300冊以上の雑誌が読み放題と便利な楽天マガジンですが、紙媒体の雑誌と全く同じ内容のものを見ることができるかというとそうではありません。一部見れないコンテンツがあります。あくまでも読み放題バージョンなのですべてが同じわけではありません。どの部分が見れないのかは雑誌によって違いがありますが、よくあるのは懸賞には応募できません。というものです。

 

正規版の雑誌を購入していないので懸賞への応募権利はないということでしょう。また、全体の数%程度はカットされています。見比べたわけではないのでよくわかりませんが、もしかしたら読みたい部分が丸ごとないかもしれませんし、全く気にならない部分かもしれません。

 

楽天マガジンを解約

最初の1か月間はキャンペーン期間なので無料で雑誌を楽しむことができます。以降は自動的に課金が発生するので解約するためには1か月以内に解約手続きが必要です。スマホでもパソコンでもどちらでも解約手続きは簡単にできるので確認しておきましょう。

 

以下パソコン画面で確認しますが、右上にある●の印からご契約内容の確認・変更をクリックします。

 

 

契約内容が表示されその下のほうに解約手続きに関する項目があるので「解約ページへ」をクリックします。

 

楽天会員情報ログイン画面が表示されるのでユーザID,パスワードを入力して進みます。

 

 

解約処理に進むとあるのでそのまま進んで解約となります。

 

 


関連記事

えっ~! 私ってすっごい損してた!!

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ページ上部へ戻る