記事の詳細


ハンドメイドの市場が注目されるようになり、実際にハンドメイドで生計を立てている方も多く見られるようになりました。

 

そういったハンドメイドで収入を得ている方の中には、ハンドメイドのためのサイトを利用している方も少なくありません。

 

ハンドメイドサイトの中でも圧倒的な存在感を放っているのがミンネです。ここでは、ミンネで売れるための必要なことをご紹介していきましょう。

 

 

大きく鮮明な画像を使う

一般的に知名度の高い商品であれば画像がなくともどのようなものかわかりますが、ハンドメイドの品というのはひとつひとつが異なります。

 

そのため、画像もなく長々と文章で説明されただけでは具体的にどのような商品なのかということがわかりません。

 

商品がわからない以上、購入者が増える見込みというのはまずありません。だからこそ、大きく鮮明な画像を使っていきましょう。

 

ほとんどの出品者がデジカメなどを使って、大きく、より鮮明な画像で商品を紹介しています。

 

商品がより映えるような背景やディスプレイなども考えていきたいものです。慣れてくると、ブランドショップのパンフレットに載っていてもおかしくないくらいの画像を用意することができるかもしれません。

 

つまりネットでの販売というのはどれだけ魅力的に商品を見せることができるかが勝負です。大きな会社であろうが、小さな会社の商品であっても同じです。個人レベルであっても同じだということです。

 

いくらいい商品、いい作品であっても伝える手段はネットです。商品画像なんです。説明ももちろん大事ですが、それだけではイメージがわきません。

 

特にアピールポイントはしっかりと上手なきれいな画像をUPする事で売れる確率をアップさせましょう。

 

 

商品の細かな情報を記載する

「イヤーアクセサリーです」だけの商品説明と「天然石と革を使ったアンティーク風のイヤリングです」と細かく記載されている商品説明があったとして、印象がいいのは確実に後者になるでしょう。

 

当たり前のことなのですが、面倒でも商品の細かな情報を記載していくことは非常に重要ですし、売り上げにもつながってきます。

 

というのも、少なすぎる商品説明というのはそれだけで「怠惰」なイメージを与えてしまいます。怠惰な出品者から好き好んで商品を購入する人はいないでしょう。

 

少なくとも他の人に見てもらってできれば購入してほしいということで出品しているのですから、丁寧に細かく、わかりやすく商品の情報を記載していきたいものです。

 

ただ、だからといってだらだらと書き連ねればいいというわけではありません。

 

商品のカラーや素材、サイズ、どのようなイメージやモチーフで作ったのか、使用上の注意がある場合にはどのようなことに注意すべきなのかなどについて、見やすくわかりやすく記載していきましょう。

 

人気の出品者を参考にするのもいいでしょうし、自分が購入者だったらということを意識して考えていくのもいいでしょう。

 

⇒ ミンネでトラブルに遭ったら。。。

 

 

 


関連記事

えっ~! 私ってすっごい損してた!!

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ページ上部へ戻る