記事の詳細


年会費が永年無料のvisaクレジットカードとして人気上昇中のカードがポンタですね。

 

ローソンでも、ローソン100でも使えます。ポンタというとローソンと言うイメージがありますが、実は提携企業はたくさんあるんですね。

 

なので、ローソンユーザは必携のカードとも言えるでしょう。

 

ただのクレジット機能カードと思いきやいろいろなキャンペーンがあります。

 

ポンタ公式サイトを確認すれば提携会社のキャンペーン情報がたくさんあるので、お得にポイントを貯めることができます。

 

Edyへのチャージ1000円分で5ポイントです。ポンタカードからチャージするだけでポイントが付くのは便利ですね。

 

以前はいろいろありましたが,今はEdyにチャージしてもポイントが付くカードはほんとに少ないものです。

 

公式のホームページではいろいろな情報があって,無料でもらえる商品や、お得に試せる商品などもあります。

 

これが意外といい商品が出ているのでチェックしてくださいね。

 

 

PONTA(ポンタ)カードの特徴

なんと言っても年会費が無料のカードだと言うことです。しかも永年無料です。これは言いです。

 

最近はいろいろな機能、特典が付いているカードがたくさんあります。しかし、年会費が有料だったりします。

 

安いもので、年会費1000円以上というのは多いですよね。そんな中永年無料なのはうれしいクレジットカードです。

 

例えば年会費が1000円だとした場合、ポイントで年会費を稼ぐのは意外と大変なものです。

 

せっかく貯めたポイントが年会費で消えてしまうのはとても惜しいものですよね。。。

 

なので、お得なカードは年会費無料に限ります。

 

そして、ノーマルなポンタカードもありますが、ここはぜひとも年会費無料のクレジットカードを作りましょう。

 

マイレージを貯めている方にはJMBポンタカードがあります。

 

JALマイレージカード一体型です。なので、ポンタで貯めたポイントがマイレージに交換できたりもします。

 

使ってよし、貯めてヨシのローソンpontaカードです。

 

 

ローソンpontaカードの作り方

普通に申し込みをするのもいいでしょう。今ならキャンペーン期間で1000ポイントがもらえます。

 

いいですよね。ローソンpontaカードを申し込みしただけで1000ポイントなので。。。

 

しかし、、、、終わっちゃったみたいですね。。

 

ちょっと待ってください。。普通にポンタカードを作って納得しますか?

 

それではまだまだ得をしていません。

 

もっとお得なカードの作り方はネットでの作り方です。それはポイントサイトを使ってローソンpontaカードを作る方法です。

 

 

212358437

 

 

これはポイントサイトのハピタスならば,通常で1100円分のポイントをもらうことができます。

 

ところが、キャンペーン期間中は4800円分のポイントへアップしています。

 

なんと4800ポイントです。

 

ハピタスは1ポイント1円なので4800円となります。

 

なので、カードはいいや。。と思っている方も、無料でカードを作ってみてもいいと思います。

 

良くある初年度のみ無料とか言うのではなく、ずっと無料のカードなのですから。そして4800円分のポイントももらえるし。。。

 

キャンペーン期間が終わる前に作ってみてください。

 

 

 

なんとpontaカードで7500円分のポイント還元!!

驚きです。。年会費無料の「JMBローソンPontaカードVisa」を作るだけで7500円もポイントが還元されるなんて。。。

2015y02m17d_001635718

 

これはポイントサイトのポイントインカムの画面です。ネットでポインタカードを作るとこんなにお徳なんです。

 

通常1000円分のポイントがなんと、7500円分と跳ね上がっています。

 

pontaカード作るならチャンスです。7500円分のポイントが入るので、迷っていられませんね。

 

期間限定のポイントアップなので、ネットでポンタカード作るなら今がチャンスです。

 

ポイントインカムへの登録方法についてはこちらの記事をご参考ください。

 

⇒ ポイントインカム

 

 

 

ハピタスでポンタカードを作ると2800ポイント

ポイントサイトに「ハピタス」というのがあります。

 

私の好きなポイントサイトの一つです。こちらも比較的高額ポイントが貯まるのでおすすめです。

 

ハピタスでもポンタカードを作るとポイントがもらえます。

 

2016y03m21d_221040896

 

通常1,000ポイントが、期間限定で2,800ポイントです。

 

ハピタスで2,800円相当のポイントがもらえますが、2倍以上にポイントインカムではポイントをもらうことができるのでポイントインカムはすごいですね。

 

ハピタスではご覧のようにレビュー件数が出ています。こちらでも329件のレビューがあるわけです。

 

結構みなさん利用されていますね。星の数も4つと高評価です。

 

レビューの一部を見てみると、

 

・登録はスムーズでした。

・カード審査がスピーディーでした。

・ポイント判定が早かった。

・カード登録前にポイントが有効化された。

・ローソン利用者にはお勧めのカードです。

・安くマイルを貯められる

 

などと、pontaカードを作る際の審査が早いことと、ポイントサイトでのポイント確定が早いということでおすすめですというレビューがとても多いですね。

 

クレジットカードを作る際、ポイント確定までに時間がかかるものやうまくポイントが有効化されないケースもある中で、このJMBローソンPontaカードVisaはとても評価の高いクレジットカードの1枚であることは間違いないでしょう。

 

ハピタスの場合も通常獲得ポイントは1,000ポイントですが、キャンペーンなどの時は6,000ポイントまで上がっていました。

 

なので、2,800ポイントは低く感じますね。

 

ハピタスでJMBローソンPontaカードVisaを作るときは獲得ポイントの高いタイミングを上手に狙って作ることをおすすめします。

 

 

 

PONTA(ポンタ)カードでポイントを貯める

ポンタカードを作るだけでポイントが貯まりますが、ポンタカードも使えば使うほどポンタポイントが貯まります。

 

なので、お買い物はローソン系がお得というわけですね。

 

ローソン、ローソン100、ローチケなどはもちろん、数多くの提携会社があるので、日常での使用だけでも意外と多くのポンタポイントが貯まるでしょう。

 

そして、ポンタカードを作ったら忘れないで、ポンタの公式サイトへ登録することです。

 

そこに登録することで、自分のポイントがどれだけあるかすぐにわかるようになっています。

 

ポンタのサイトでもポイントが貯まるゲームやすごろく、クイズ、モニターなど数多くのポイントが貯まるイベントがあるので、できる人は毎日何かしら参加するとポイントが貯まりますね。

 

さらにはポンタのスマホアプリもあるので、ハッパーを集めてポンタポイントがどんどん貯まりますね。

 

まずは、ポンタカードを作るためにお小遣いサイトへ登録から始めましょう。

 

 

JMBローソンPontaカードポイントの貯め方と使い方

ネット通販やショッピングにおいてお徳に支払う方法を選択している人は、電子マネーを利用したお買い物やポイントカードなどにより貯めたポイントを有効に使って、お得にお買い物を楽しんでいる方が増えています。

 

中でもポンタ(Ponta)カードは様々な場所や場面で使う事が出来るのが最大の特徴となっているとても人気のカードの一つです。

 

色々な企業のサービスと提携をして使うとポイントが貯められるPontaカードにはいくつか種類がありますが、今回は「JMBローソンPontaカード」についてポイントの貯め方や使い方などを詳しくご紹介していきます。

 

JMBローソンPontaカードのVisaの特徴

JMBローソンPontaカード(Visa)はどのようなカードかというと、従来のぽんたカードと同じくローソンで使用するとお得にお買い物が出来るカードです。付与されるポイント還元率が他のカードよりも高いです。

 

このJMBローソンのポンタカードはVISA(ビザ)と提携しているカードなので、全国各地のVISA加盟店でクレジットカードの決済をする事が出来ます。クレジットカード決済を行なって貯まるポイントは、全てPontaポイントとして貯まりますのでポイントの使い道としてはローソンでのお買い物ですね。

 

ローソン以外の買い物でカード支払いをすることでポインタポイントが貯まるわけです。VISA加盟店で使った場合には1000円ごとに5ポイントが貯まります。そう考えるとJMBローソンPontaカードのポイント還元率としては、0.5%となります。

 

他のタイプのPontaカードと比較すると、それほどポイント還元率が高くありませんのでローソン専用のカードとして使いましょう。他にもPontaカードはありますから、メインで使用するのはポイント還元率がより高めのものを使うと良いですね。

 

JMBローソンPontaカードのVisaをより有効に使う方法

JMBローソンPontaカードVisaは、全国各地のVISA加盟店で使用するとポイントの還元率が0.5%と書きましたが、よりポイントを有効的に貯められる方法があります。それは「ローソンで使う」という方法です。

 

ローソンにて現金払いをする場合もJMBローソンPontaカードVisaを提示すれば、100円ごと(税抜)に1ポイントが貯まります。これによりポイントの還元率が1%になります。以前は還元率1%のカードはたくさんありましたが、今はとても数少ないカードの一つです。

 

更にVISAカードの機能があるので、ローソンにてJMBローソンPontaカードVisaを使ってクレジットカード決済を行なった場合には100円ごと(税抜)に2ポイントが貯まります。

 

たったこれだけでポイント還元率が2%になるので、よりお得にお買い物が出来るのがメリットですね。つまり、このカードのメリットを最高に引き出すにはローソンでの買い物における支払いにクレジット払いを選択する。これが最高です。

 

JMBローソンPontaカードのVisaで貯められるのはPontaポイントだけじゃない?

ローソンでクレジットカード決済をした場合と現金払いの際の提示により、Pontaポイントがより貯められる事は分かりましたね。実はローソンでJMBローソンPontaカードVisaを使えば、Pontaポイント以外にも貯められるポイントがあります。

 

それは「JALマイル」です。

 

こちらは200円ごと(税込)に1JALマイルが貯まります。JALマイルはPontaポイントとは異なり、1ヶ月のお買い物の合計額に対するポイント付与なので取りこぼす心配はほぼありません。

 

こちらのJALマイルが貯められる機能は2016年2月29日以前からカードを所持している場合は、Netアンサーというところから手続が必要なので覚えておきましょう。マイレージは特に貯めていない。

 

という人であってもおまけで付いてくるポイントとして考えればいつの間にか結構貯まっているはずです。ポイント交換サービスなどもあるのでポイントはどのポイントであってもたくさんあるといいですよ。

 

JMBローソンPontaカードのVisaの年会費は?

Pontaポイントが色々な方法でお得に貯められるJMBローソンPontaカードVisaですが、年会費は0円なので自由に使いやすいのもメリットの一つです。カードによる決済、現金払いの時の提示を行わなくても年会費は無料ですから安心して使いやすいのもメリットですね。

 

以上のようにポイントの有効な貯め方と使い方についてご紹介しました。上手に使ってお得にお買い物を楽しみましょう。ポンタポイントはTポイントとならんど今後ポイント市場を引っ張っていく存在なので持っていない方は作っておいたほうが何かとお得になるケースが多いのでおすすめの1枚です。

 

 

ポンタカードと東京電力の業務提携

このニュースにはおどろきましたね。電力会社がポイントカードと業務提携するとは思いもよりませんでした。東京電力によればこのポイントサービスの提供は2016年1月より順次提供すると言うことです。

 

今後の電力自由化などを見越して今のうちに顧客をつかんでおきたいのでしょう。ポンタは共通ポイントサービスなので、支払いをまとめることでポイントが貯まりやすくなります。

 

電気代の支払いはどの家庭でも高額だと思います。オール家電のおうちは夏冬限らず電気代が毎月数万円支払うと思いますので、ポイント還元により実質的な電気料金の割引を受けることにもなります。

 

毎月数万円の電気代ともなればポイントだってすぐに貯まると思います。年会費無料のポンタカードなので今のうちに申し込みをしてもいいと思います。

 

 

ポンタカードとNTTドコモの業務提携

共通ポイントカードのポンタカードですが、同じ共通ポイントカードとしてTポイントが有名です。一見Tポイントカードのほうが強いと思いがちですが、会員数から言うとポンタカードのほうがずっと多いんですね。

 

・ポンタカード(約6900万人)

・Tポイントカード(約5300万人)

 

Tポイントカードは既にソフトバンクが提携しているので、ドコモはこのポンタカードと業務提携をすることでユーザの利便性を上げようとしているのですね。

 

ドコモのポイントって何に使えるのかよく分かりませんよね。。。ですが、今後はポンタのポイントとなれば自由に使うことが出来るようになります。

 

ポンタカードは年会費無料で作れるので持っていてもいいですよね。特にドコモユーザーの方はあったほうがいいですね。。

 

PONTA(ポンタ)ポイントを交換する

ポインタポイントはただ貯めるだけではありません。他のポイントに交換することもできるポイントです。

 

ポインタポイントを他のポイントに交換できる交換先は今のところ3か所です。

 

・JALマイレージバンク

・LINEギフトコード

・dポイント

 

この中でポイント交換率がいいのはdポイントです。

 

1:1で交換できるので損得はありません。

 

ですが、JALマイレージやLINEギフトコードとなると交換率が下がってしまいます。

 

LINEギフトコードの場合、1:0.83 となるので約2割減といった感じです。

 

JALマイレージの場合は、1:0.5 となるのでほぼ半分になってしまいます。

 

2016y03m07d_224129324

 

なので、ポインタポイントを交換するならばdポイント以外は損するのでおすすめできません。

 

相変わらずマイレージは高いのでマイレージを使って他のポイントに交換するほうが断然良いですね。

 

この逆の利用方法もあります。つまり他のポイントをポインタポイントに交換する方法です。

 

人気のラインギフトコードからポインタポイントに交換すると1:2.4の交換率となります。

 

つまり、LINEギフトコード1に対しポインタは2.4ポイントになります。

 

2.4倍にUPするわけですね。

 

シェルポンタもおすすめですよ!


関連記事

えっ~! 私ってすっごい損してた!!

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ページ上部へ戻る